スキルアップ・復職支援なら コメディカルドットコム
スキルアップ

【ユニリハ】臨床シーティングセミナー理論編×実技編 

参加費用
15,000円
開催日時
2019年11月10日(日)10:00~16:30
開催場所
東京都日野市 多摩平の森ふれあい館
開催会社
日本ユニバーサルリハビリテーション協会

~身近な物を利用してクッションを作ろう~

クッションは、買わずに作ってシーティング&フィッティング! そのために・・・
【全てのシーティング理論をまとめ、臨床ですぐに使える技術を習得します】

■世界中のシーティング、座位保持の概念や技術をまとめ、急性期、回復期、維持期でそれぞれに対応した姿勢保持を学びます。つまり、回復段階やADLに合わせた姿勢保持を考えることが、シーティングやフィッティングです。

■姿勢とは運動であり、日常様々な姿勢をとります。同じ姿勢は一つもありませんし、同じ姿勢をとり続ける事は不可能です。そこで、ひとつのシーティングの概念や技術、勉強会、セミナーで謳われているものだけで満足せず、そのすべてを統合して、その障害回復段階やADL(日常生活活動)に合わせたシーティング、フィッティングを行う技術が必要となります。

■使うものは、シートのたるんだ車椅子、タオル、バスタオル、段ボール、そして中身は本来であれば捨てられてしまうもの。お金をかけずに、短時間で作ります。

姿勢の支持性へ変換し利用する

古い車椅子は「たるみ」ができます。この「たるみ」を左右への分散する力と考え、座面に支持物を置くことで分散力を支持力に変換させます。この理論と身近なもので作ることが出来る姿勢保持の方法を学んでください。

photo01_title

現場でつくる簡易シートクッション

除圧効果、身体支持効果のある3種類のエアフォースクッション、ゲルフォースクッション、イーフォースクッションを作ります。そのまま持ち帰って使ってみてください。

photo02_title

セミナー情報

プログラム内容

-理論編- シーティングやフィッティングに関する理論、原理をを身につけ、買うより作るが最も経済的で効果的!

■世界にある様々なシーティングの技術
■廃用にはこのシーティングを使う
■脳神経系のシーティングはこう考える
■業者シーティング、コンサルティングシーティングの導入時の注意点
■人間工学とシーティング&姿勢保持

-実技編- 捨ててしまうものを解剖学、運動学、物理学を基にして、座れる道具に変えて実際に使う。

■作り方の概要説明
■実技1 エアフォースクッションの作り方
■実技2 ゲルフォースクッションの作り方
■実技3 エラスティックフォース(イーフォース)クッションの作り方

講師情報

青木 將剛(あおき まさたか)

作業療法士
一般社団法人 日本作業療法士協会 審査員
一般社団法人 日本リハビリテーション工学協会 代議員
日本ユニバーサル リハビリテーション協会 学会指定学術責任者
第1級建築・機械CAD利用技術者
welHANDS medical 代表

開催日時 2019年11月10日(日) 10:00~16:30
当日受付時間 09:40 より受付開始
費用 15,000円
定員 5名

会場情報

会場情報 東京都日野市 多摩平の森ふれあい館
アクセス 中央本線「豊田駅」より徒歩7分程度

お問合せ先

参加までの流れ エントリーフォームから24時間エントリーが可能です
1.エントリーフォームよりエントリー

2.担当者より3日以内に受付完了メールをお送りします。
 確認いただき何かご不明な点がございましたらお問い合わせください。
----------------------------------------------------------------------------------

公式ホームページからもお申し込みいただけます。

   日本ユニバーサルリハビリテーション協会
    042-208-0102
    otmode@jcom.home.ne.jp
    http://universalreha.com/
担当者 セミナー担当

PAGE TOP

PAGE TOP