スキルアップ・復職支援なら コメディカルドットコム
経営・運営

成長する老健施設のリハビリテーション戦略セミナー

参加費用
20,000円
開催日時
2020年2月14日(金)09:00~12:00
開催場所
東京都中央区銀座 7-2-22
開催会社
保健・医療・福祉サービス研究会

地域包括ケアの拠点施設としての老健施設の生活期リハセンター構築とブランディングの実際

本年4月、老健施設にとって大改革となった2018年介護報酬改定が施行され半年以上が経ちました。改定内容は、入所においては、従来、在宅復帰・在宅療養支援機能を評価指標を①在宅復帰率、②回転率、③重度者の3要件を評価指標にしていたものをリハ専門職や支援相談員の配置割合、入・退所前後訪問指導の実施割合等10項目に拡大すると同時に、90点満点のうち70点(②超強化型)、60点(強化型)、40点(加算型)、20点(基本型)以上、20点以下(その他型)など獲得スコアで施設報酬が決まるポイント制が導入されました。従って機能のない老健施設は、「その他老健」として「ダメ老健」のレッテルが貼られると同時に、基本報酬も低い上に殆どの加算が算定できないことになりました。通所リハビリにおいても、前回改定に続き大きな改定となっており、リハビリに対する医師の評価と共に、リハビリ会議へのTV参加を認め、リハビリ計画の説明をセラピストに代行させる緩和策、その結果リハマネ加算(Ⅰ・Ⅱ)もリハマネ加算(Ⅰ~Ⅳ)に見直されました。そこで、本セミナーでは、2025年の地域包括ケアを担う拠点施設として、全国の老健施設運営のモデルとなっている介護老人保健施設せんだんの丘施設長の土井勝幸氏をお迎えし、直近の働き方改革から消費税の増税に伴う臨時介護報酬改定(特に新介護職員処遇改善加算)や、本年春から議論が始まる介護保険制度改正について、また、既に改革テーマ「科学的介護の実現」が打ち出されている2021年介護報酬改定に向けたリハビリテーションを軸とした老健施設の経営戦略について指導いただきます。どうぞ2021年介護報酬改定を勝ち抜く老健施設づくりを考えられる経営幹部やリハ管理者の皆様のご参加をお待ち申し上げます。

セミナー情報

プログラム内容

Ⅰ. 老健施設運営並びに経営における喫緊の課題

   ● 働き方改革と老健施設としての対応
   ● 消費税の増税と臨時介護報酬改定
   ● 新介護職員処遇改善加算と対応策

Ⅱ. 2021年介護保険制度・報酬改定を展望する

   ● 2019年春から始まる介護保険制度改正の審議とそのゆくえ
   ●「科学的介護の実現」を目指した2021年介護報酬改定を展望し、“先手必勝”の対応策を考える

Ⅲ. 2018年介護報酬改定をバネに躍進する老健施設経営

   ● 入所部門における増収対策とリハビリの拡充策
   ● 通所リハ部門・訪問リハにおける増収策とリハビリの拡充策

Ⅳ. 超強化型・強化型への移行プロセスと進め方

   ● ケアの質がもたらす自立支援
   ● 生活に根付くリハビリテーション
   ● 老健施設の経営を左右する相談室機能の強化とセラピストの起用

Ⅴ. リハビリテーションの機能強化と老健施設のブランディング

   ● リハ職を最大限に活用した居宅事業の拡大と経営戦略
   ● 老健施設の業績を築くリハ部門の育成とリーダーシップ
   ● 新規利用者の確保と居宅サービス利用者の終了(修了)のあり方

Ⅵ. 地域の拠点施設としての居宅事業の効率的・効果的運営とその実際

   ● 多様性のある通所リハ構築(6コース設定 短時間~長時間)
   ● 老健退所者を対象とした訪問リハサービス 
   ● 老健附帯事業としての福祉用具貸与・販売事業
   ● 24時間型サービスへのチャレンジ

Ⅶ. 地域の介護予防に貢献する新総合事業と老健施設経営

   ● 地域包括ケアにおける総合的支援事業とその進め方の実際

講師情報

土井 勝幸

医)社団東北福祉会 介護老人保健施設せんだんの丘 施設長
東北福祉大学 特認准教授

開催日時 2020年2月14日(金) 09:00~12:00
当日受付時間 08:30 より受付開始
費用 20,000円

会場情報

会場情報 東京都中央区銀座 7-2-22
アクセス 地下鉄銀座駅より徒歩3分程度

お問合せ先

参加までの流れ 【参加するボタン】より弊社ホームページに移動します。
移動後に弊社HPの申し込みフォームよりお申込み下さい。
担当者 セミナー担当者

PAGE TOP

PAGE TOP