スキルアップ・復職支援なら コメディカルドットコム
スキルアップ

精神症状(認知症・せん妄・うつ病)の鑑別と服薬管理のポイント

参加費用
12,000円
開催日時
2020年4月18日(土)10:00~16:30
開催場所
東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ 3F 特別会議室
開催会社
e-nus(イーナス)

内服患者の多い精神科系薬剤を上手に管理し,円滑な治療と安全なケアに役立てよう!

 一般病棟では,基礎疾患に「認知症」「せん妄」「うつ病」などの精神症状を併せ持つ患者が一定数存在します。これらの精神症状は見分けが難しいことに加え,適切な服薬管理・薬物療法がなされないと医療事故や在院日数の延長につながるケースも多いため,看護師による管理・ケアが極めて重要となります。
 そこでこのセミナーでは,共通点の多い「認知症」「せん妄」「うつ病」のアセスメントと鑑別,安全管理の面で重要な服薬管理・薬物療法の知識を,小川先生から事例などを用いて平易にご解説いただきます。睡眠にも大きく影響する精神症状と,使用される薬剤に関する情報のブラッシュアップにお役立てください。

セミナー情報

プログラム内容

午前(10:00~12:30)
 ●精神症状のアセスメントが難しい理由
 ●認知症・せん妄・うつ病の「違い」を知ろう!
  ・病態の違い
  ・症状の違い
  ・鑑別とスクリーニングツール

午後(13:30~16:30)
 ●服薬管理・薬物療法の基礎と応用
  ・抗認知症薬
  ・抗精神病薬
  ・抗うつ薬
  ・抗不安薬
  ・睡眠導入薬
  ・合併症
  ・その他(漢方など)
 ●事例で学ぶ,鑑別ポイントと服薬管理
 ●まとめ・質疑応答

講師情報

小川 朝生 先生

(国立がん研究センター東病院 先端医療開発センター 精神腫瘍学開発分野)

2004年大阪大学大学院医学系研究科卒業。同年国立病院機構大阪医療センター神経科勤務。2007年国立がんセンター東病院精神腫瘍科医員。2009年同院臨床開発センター精神腫瘍学開発部に所属。2013年度厚生労働科学研究費補助認知症対策総合研究事業に主任研究員として,認知症の包括的支援プログラムの開発を担当。がん研究助成金「がん治療中のせん妄の発症・重症化を予防する効果的な介入プログラムの開発」班に主任研究者としてせん妄に対する介入プログラムの有効性の検証を担当。専門は精神医学,精神腫瘍学。日本サイコオンコロジー学会理事。

開催日時 2020年4月18日(土) 10:00~16:30
当日受付時間 09:20 より受付開始
費用 12,000円
定員 70名
持参物 筆記用具

会場情報

会場情報 東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザ 3F 特別会議室
アクセス ●京浜急行「京急蒲田」駅より徒歩約3分

お問合せ先

参加までの流れ 本サイトからではお申込みいただけませんので,小社HPよりお申し込みください。
http://www.e-nus.jp

担当者 セミナー事務局

PAGE TOP

PAGE TOP